呼吸器内科専門医の間質性肺炎ブログ

間質性肺炎を専門とする呼吸器内科専門医。もっと間質性肺炎を広く正しく知ってほしい。患者さんやご家族の方、間質性肺炎診療にかかわる医療従事者の方への情報提供を目的としたブログです。

NIVO score:COPDの院内死亡の予測スコアリングシステム

PVアクセスランキング にほんブログ村

本日は間質性肺炎ではなく、慢性閉塞性肺疾患(COPD; chronic obstructive pulmonary disease)に関する報告です。

 

 

COPDとは、タバコ煙を主とする有害物質を長期に吸入曝露することなどにより生ずる肺疾患です。時に感染などにより増悪することが知られ、呼吸困難などを生じて入院、時に人工呼吸器管理が必要となることがあります。

 

COPD増悪と急性呼吸不全で入院した患者を対象に、院内死亡の予測因子を検討した研究が報告されました。

Hartley T, et al. The Noninvasive Ventilation Outcomes (NIVO) score: prediction of in-hospital mortality in exacerbations of COPD requiring assisted ventilation. Eur Respir J 2021;58(2).

 

 

対象は489例の非侵襲的人工呼吸器管理や挿管管理を要したCOPD増悪患者です。本コホートの院内死亡率は25.4%でした。(733例、院内死亡率20.1%のコホートで妥当性を検討しています。)

 

 

eMRCDスコア入院からアシデミアを呈するまでの時間が12時間以上pH < 7.25心房細動ありGCSが14点以下胸部画像で浸潤影あり、の6つの因子を用いることで院内死亡率を予測するスコアリングシステム(NIVO score)が提唱されました。

 

eMRCD score; extended Medical Research Council Dyspnoea score, GCS; Glasgow coma scale, NIVO score; noninvasive ventilation outcomes score

 

 

各項目を満たした場合、

  • eMRCDスコア 5a:2点、5b:3点
  • 入院からアシデミアを呈するまでの時間が12時間以上:2点
  • pH < 7.25:1点
  • 心房細動あり:1点
  • GCSが14点以下:1点
  • 胸部画像で浸潤影あり:1点

の合計9点満点で点数化しています。結果は以下の図の通りとなりました。

 

f:id:fibrosis:20210826173628p:plain

 

 

ROC曲線のAUCは0.79でした。これまでの死亡予測スコアであるAPACHEⅡやCURB-65などより、院内死亡をしっかり予測できたようです。

f:id:fibrosis:20210826173711p:plain

 

 

ややコホートとしての死亡率が高い印象はありますが、本研究結果からは、COPD増悪で入院し非侵襲的人工呼吸器管理や挿管管理を要した患者に対し、NIVOスコアは院内死亡率を予測するよいスコアリングシステムであることがわかりました。