呼吸器内科専門医の間質性肺炎ブログ

間質性肺炎を専門とする呼吸器内科専門医。もっと間質性肺炎を広く正しく知ってほしい。患者さんやご家族の方、間質性肺炎診療にかかわる医療従事者の方への情報提供を目的としたブログです。

日本初のがん悪液質に対する薬剤:エドルミズ

PVアクセスランキング にほんブログ村

f:id:fibrosis:20220114211441p:plain

日本初の「がん悪液質」に対する内服薬であるアナモレリン塩酸塩錠(商品名:エドルミズが発売されました。

 

非小細胞肺癌に伴うがん悪液質患者を対象にした臨床試験(ONO-7673-04試験)では、

LBM(除脂肪体重)の12週間の平均変化量は、

  • エドルミズ群:1.38±0.18kg
  • プラセボ群:-0.17±0.17㎏

と、エドルミズはプラセボに比較して有意に増加させたようです。

Katakami N, et al. Anamorelin (ONO-7643) for the treatment of patients with non-small cell lung cancer and cachexia: Results from a randomized, double-blind, placebo-controlled, multicenter study of Japanese patients (ONO-7643-04). Cancer 2018;124:606–16.

 

また、内服3週時点で効果が確認され、その後12週間にわたりLBM増加(左図)や体重増加(右図)が維持されています。

f:id:fibrosis:20210728184322p:plain

(図. 内服後のLBM(左)と体重(右)の変化。文献より引用掲載)

 

エドルミズはグレリン様作用をもつ薬剤であり、

 ①食欲増進作用

 ②成長ホルモンの分泌を介した筋肉量の増加、体重増加

の作用が期待されていますが、効果がない場合には、3週間後を目途に中止することが記載されています。

(実際の使用に関しては添付文書を確認してください)

 

 

また、消化器癌に伴うがん悪液質患者を対象にした臨床試験(ONO-7673-05試験)では、LBM(除脂肪体重)の維持・増加が認められた患者(レスポンダー)の割合は、63.3%でした。

f:id:fibrosis:20210728190815p:plain

文献(Hamauchi S, et al. A multicenter, open-label, single-arm study of anamorelin (ONO-7643) in advanced gastrointestinal cancer patients with cancer cachexia. Cancer 2019;125:4294–30)より引用掲載

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へランキングに参加しています、よければクリックお願いします

(最終アップデート:2022年1月14日)