呼吸器内科専門医の間質性肺炎ブログ

間質性肺炎を専門とする呼吸器内科専門医。もっと間質性肺炎を広く正しく知ってほしい。患者さんやご家族の方、間質性肺炎診療にかかわる医療従事者の方への情報提供を目的としたブログです。

間質性肺炎の肺生検、大きさ比較

PVアクセスランキング にほんブログ村

間質性肺炎の診断では、肺の組織を調べること(生検)も多く、気管支鏡や手術を行っています。

現在、間質性肺炎の診断で用いている肺の生検方法は、①クライオバイオプシー(TBLC)②ビデオ補助胸腔鏡手術(VATS)があります。

 

 

肺癌などの診断で用いられる経気管支肺生検(TBLB)では組織量が少なく診断が困難であり、間質性肺炎の診断では②ビデオ補助胸腔鏡手術(VATS)が主流でした。

 

しかし、最近では気管支鏡検査でTBLBより大きな組織を採取可能な①クライオバイオプシー(TBLC)が用いられることが多くなりました。ただし、クライオバイオプシー(TBLC)にも限界がありますので、ビデオ補助胸腔鏡手術(VATS)との情報量は全く異なりますので、その解釈には注意が必要です。

 

 

それぞれの平均長径をまとめています。

①クライオバイオプシー(TBLC):7.1±1.9 mm

②ビデオ補助胸腔鏡手術(VATS):46.5±14.9 mm

Cooper WA, et al. Cryobiopsy for Identification of Usual Interstitial Pneumonia and Other Interstitial Lung Disease Features. Further Lessons from COLDICE, a Prospective Multicenter Clinical Trial. Am J Respir Crit Care Med 2021;203:1306–13.

 

肺生検の大きさのイメージは以下のような図になります。

f:id:fibrosis:20220320145319p:plain

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へランキングに参加しています、よければクリックお願いします