呼吸器内科専門医の間質性肺炎ブログ

間質性肺炎を専門とする呼吸器内科専門医。もっと間質性肺炎を広く正しく知ってほしい。患者さんやご家族の方、間質性肺炎診療にかかわる医療従事者の方への情報提供を目的としたブログです。

ニンテダニブ(オフェブ)の副作用:疾患で差はあるか?各試験の副作用まとめ

PVアクセスランキング にほんブログ村

f:id:fibrosis:20220402104337p:plain

 

ニンテダニブ(商品名:オフェブ)は抗線維化薬の一つであり、現在では、

  • 特発性肺線維症(IPF)
  • 全身性強皮症に伴う間質性肺疾患(SSc-ILD)
  • 進行性線維化を伴う間質性肺疾患(PF-ILD)

の3つに適応が拡大されています。

 

★抗線維化薬についての詳しい情報は以下の記事もご覧ください。

 

 

特発性肺線維症、全身性強皮症、進行性線維化を伴う間質性肺疾患、これらは疾患によって副作用の程度が異なるのでしょうか?

 

 

過去のそれぞれの治験の結果から、ニンテダニブの副作用を抜粋してまとめました。

 

f:id:fibrosis:20220402103514p:plain

 

これを見ると、特に疾患によって副作用の頻度が大きく異なることはないといえるかもしれません。

 

 

各試験の詳細に関しては、こちらの記事もご覧ください。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へランキングに参加しています、よければクリックお願いします